株式会社アビオス

事業内容

HOME  >>  事業内容  >>  環境事業部  >>  アビオスファーム

アビオスファームの生産活動

安心・安全・信頼の証を取得

アビオスグループでは、有機JASの認定を取得。『アビオスファーム』を設立し、有機JAS認定圃場における有機野菜の生産活動を始めました。

アビオスグループでは、農業における生産・資材・農産物の各場面で、部分的ではなく、土壌分析・土づくり、有機資材の供給~農産物の流通までの『入口から出口』まで一連の場面において農産事業に携わっていきます。

アビオスファームの取組みについて、動画でご覧ください

生産スケジュール
取扱い肥料
よくある質問
[写真] 有機JAS認定圃場アビオスファーム生産行程管理者 下稲 一洋
■有機JAS認定圃場
アビオスファーム生産行程管理者 下稲 一洋
有機農業への取り組み

アビオスファームのPDCA

(1)
農作業の点検項目を決定し、
(2)
点検項目に従い農作業を行い、記録し、
(3)
記録を点検・評価し、改善点を見出し、
(4)
次回の作付けに活用するという
一連の「農業生産行程の管理」を実施しております。
[写真] 有機JAS認定圃場 アビオスファーム格付責任者 提石 和春
■有機JAS認定圃場
アビオスファーム格付責任者 提石 和春

もちろん、全てにおいて完璧ではありませんのでJAS法に基づき生産行程管理責任者を配置し、確認・指導する事により、より信頼性の高い生産活動を実践しています。

この、生産行程管理は、農産物の安全確保のみならず環境保全農産物の品質の向上、労働安全の確保等に有効な手法であり、このような生産行程の管理手法を生産者が実践し、自らの営農・生産条件や実力に応じて取り組むことが、安全な農産物の安定的な供給、環境保全、農業経営の改善・効率化の実現につながるものです。

また、生産された農産物の安全性や品質の確保等について消費者・食品事業者等の信頼を確保する上でも有効な手法と考えます。

果菜類スケジュール

果菜類スケジュール

アビオスファームでは”生で食べられるカボチャ”として『サラダかぼちゃ』の生産を行っています。カボチャの調理で厄介だった皮部分も、家庭用包丁で簡単に切ることができます。また、皮や種もそのまま食べることができます。味はもちろん見た目のかわいさや珍しさもあり、毎年とても好評いただいています。

アビオスで通年生産している唯一の野菜がピーマンです。苦味、アクがほとんどなく、安心・安全で美味しいピーマンです。

(作付面積) ※時期・地域など合算した面積です。
ピーマン:8.5反 パプリカ:1.5反 ズッキーニ:2.7反 キュウリ:2.1反 サラダカボチャ:6反

茎菜類スケジュール

冬〜初春にかけては白ネギの出荷をしています。また、玉ねぎ・にんにくは短期ではありますが生産・出荷しております。土作りからしっかりと行った、有機JASの茎菜類は甘さがとても際立っています。

白ネギや玉ねぎは火を通して調理することで甘みがさらに際立ちます。手間をかけて育てた有機の甘さを是非ご賞味ください。︎

(作付面積) ※時期・地域など合算した面積です。
サラダ玉ねぎ:10反 にんにく:10反 白ネギ:10反

葉菜類スケジュール

葉菜類は冬時期の出荷がメインになります。アビオスファームでは、ほうれん草・キャベツ・レタス等を生産しています。キャベツは春キャベツ・冬キャベツ共に生産しております。

有機で育てたほうれん草はアクが少なく、とても好評をいただいております。そのまま食べても、慣行品との違いがしっかり分かる有機の野菜。野菜嫌いなお子さんでも喜んで食べていただけています。

(作付面積) ※時期・地域など合算した面積です。
ほうれん草:3反 キャベツ:9.5反 玉レタス:3反

根菜類スケジュール

有機栽培したゴボウは加工してゴボウ茶としても製品化しています。また、アビオスではゴボウ茶以外にも、有機のルイボスティー・烏龍茶等の有機加工茶も取り扱っています。

人参も一部は加工用としてジュースにされています。甘さがしっかりしていて、たいへん好評価をいただいています。

(作付面積) ※時期・地域など合算した面積です。
ニンジン:15反 ゴボウ:1.4反 ウコン:1.3反

花菜類スケジュール

花菜類はブロッコリー、たんぽぽを生産しています。たんぽぽは主にお茶の加工用として生産しています。

たんぽぽ茶は美容面・健康面で注目を集めており、特に、妊娠中・授乳中の女性から支持されています。アビオスでは安心・安全な原料を提供しています。

(作付面積) ※時期・地域など合算した面積です。
ブロッコリー:1反 たんぽぽ:3反

芋類スケジュール

芋類はじゃがいも、紅はるかの生産を行っています。

紅はるかはさつまいもの品種です。さつまいも本来の甘さが詰まった甘くて美味しいさつまいもです。熱を通すとホクホクとして、甘さもしっかりなので焼き芋として人気の品種です。有機栽培の作物なので、皮ごと気兼ねなく食べていただくことができます。

(作付面積) ※時期・地域など合算した面積です。
さつまいも:1反 さつまいも(慣行):1反

豆類スケジュール

ナタ豆茶の原料としてナタ豆の生産を行っております。

ナタ豆は様々な効果効能があると言われ、注目を集めている作物です。また、生命力が強く、大きく育つことから、地域によってはとても縁起のよいものとして扱われています。

(作付面積) ※時期・地域など合算した面積です。
ナタ豆:1反

菌茸類スケジュール

アビオスファームではキクラゲも有機にて生産しています。

一般的に市場に出ているものは中国産などの乾燥キクラゲがほとんどなのですが、アビオスファームでは生キクラゲを扱っています。食感も乾燥キクラゲと生キクラゲは全くの別物のような違いがあります。

(作付面積) ※時期・地域など合算した面積です。
きくらげ(生):0.5反 きくらげ(乾燥):0.5反

取扱い肥料

資材名 (用途) 商品説明 PDF
椿油粕ペレット
(土壌改良)
窒素成分施肥を主目的とした油粕ペレットです。
椿の実に含まれるサポニンの界面活性効果により、ナメクジ、カタツ
ムリ、ジャンボタニシ、コガネムシ幼虫、センチュウなどの土壌内生
物に対しての環境改善効果が期待できます。
PDFを見る
内城B菌
(土壌改良)
主としてバチルス群に属した46種類に渡る土壌菌群です。
他の微生物資材に比べて、高品質で効果が安定しています。
高温(80度)で活性化するので衛生的で、バランスのとれた土壌菌
なので分解が早いのが特徴です。
PDFを見る
恵土
(土壌改良)
施肥労力の軽減と飛散防止に適したペレット状になっています。
腐植質の含有量が多く、リン酸の固定化を阻止しリン酸成分の吸収効
率を大幅に向上させます。土壌の保肥力が高まり、各種微量要素も豊
富に含まれているのが特徴です。
PDFを見る
昭和ニューエース
(土壌改良)
けい酸・アルカリ分・苦土・マンガンを保証すると共に、鉄・その他
微量要素も含有しています。
老朽化秋落ち水田・ごま葉枯れ病多発・酸性土壌等にも効果がありま
す。野菜・果樹をはじめ、受光体勢が改善され、肥料の吸収利用率を
高め、作物を健全に育てます。
PDFを見る
マルチミネタン
(土壌改良)
カルシウムとマグネシウムを主成分とし、酵素の活性中心となる微量
ミネラルの全てをバランス含有した、酵素活性剤です。
生命活動が活発になり、病気に負けない強い生育を助けます。
PDFを見る
ソフトンA
(元肥)
「アミノ酸」や「ミネラル」をおはじめ、植物の生育をサポートし、
必要とする成分を豊富に含んだ有機質肥料です。
原料として、カツオのエキスやミネラル類が含まれており、これらの
有機物を微生物の酵素により発酵・完熟させてますので、植物への吸
収が良く、土壌の改良にも大変良いです。
PDFを見る
マリングアノ
(元肥)
天然のリン酸カルシウムを主成分とし、有機リン酸として優れた肥効
を示します。
根の健全な生育、過日の結実、糖度の向上、連作障害の回避、土壌改
良等に役立ちます。
PDFを見る
KBシリーズ
(元肥)
原材料としての、鶏・豚ガラ・茶粕等を大手食品工場から供給を受け
ています。
主原料としてリン酸が多く含まれており、追肥肥料としてご使用いた
だけます。
PDFを見る
優効りん
(葉面散布)
リン酸を微生物によって可溶化しており、約6割が植物に吸収されま
す。病気に負けない強い生育を助けると同時に、果実等の充実、品質
向上、収量アップにも大きな力を発揮します。
PDFを見る
アビーワン
(葉面散布)
花芽形成、着花、果実の肥大等促進のほか、耐寒・耐暑、貯蔵性の向
上、成り疲れの防止、糖度・旨味の上昇といった作物の秀品化が期待
できる、とてもリッチなアミノ酸資材です。
PDFを見る
椿パウダー
(土壌潅水)
天然由来の植物保護剤です。
液肥と混合して使用することができ、潅水、葉面散布としての用途が
可能です。
PDFを見る
根肥くん
(土壌潅水)
水溶性カリを主成分とし、アミノ酸成分を配合することにより、吸収
性が高い液肥です。
本圃定植後、根回し目的に使用することで、根張り・生育・開花・玉
伸び・収穫にまでよい影響が及び、秀品性の高い生産が可能になりま
す。
PDFを見る
フィッシュソリュブル
(土壌潅水)
作物に良好な10種のアミノ酸が含まれており、根の張りを良くし、
バランスの良い育成を補助します。
食味を重視する作物に適しています。
PDFを見る

よくある質問

生産者からの質問

Q. 有機JASでの農業を始めたいのですが、何から始めたらいいですか?

A. 有機栽培において一番重要なのが、畑の土作りになります。
有機JASの申請にも関わり、作物の出来にも直結してきます。
まずは、しっかりとした知識を元に畑の土作りをすることをお勧めします。

《アビオス取扱い肥料》


Q. アビオスファームに加入するための条件は何ですか?

A. アビオスファームでは有機JASのグループ認証を取得しており、
認証を剥奪されるような、杜撰な管理をされていないことが最低条件となります。
大きく正会員・準会員という2種類の関係性に分かれていますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

《問い合わせフォーム》


Q. 資材の購入だけは可能ですか?

A. 資材の販売だけも行っております。就農者、家庭菜園利用など個人・法人問わず対応いたします。
どのような効果を期待するのかをご連絡頂ければ、適応資材を紹介いたします。

《問い合わせフォーム》


Q. 周りに有識者がいないのですが、コンサルタントなどは依頼できますか?

A. アビオスファームには農業の専門指導者が在籍しています。
アビオスファームでは会員の方の圃場を定期的に巡回し、指導、助言をしています。
コンサルタント契約などは現在は行っていませんが、状況によっては指導が可能な場合もありますので、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。  ※対応できない場合もありますのでご了承下さい。

《問い合わせフォーム》


取引業者からの質問

Q. 実際に取引をさせていただきたいのですが。

A. 収穫量に限りがあり、また、天候等での収量の変動があるのが農作物です。
そういったこともあり、事前にきちんとした取決めをしていただくことになります。
詳細等につきましては、まずにお気軽にお問い合わせ下さい。

《問い合わせフォーム》


↑PAGE TOP