img
  • 株式会社アビオス 生命科学発展への貢献
MESSAGE

代表メッセージ

おかげさまで株式会社アビオスは令和3年9月1日をもちまして株式会社設立72期を迎えることと相成りました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
さて2021年は人類が経験したことのないような新型コロナウイルス感染症というパンデミックに見舞われました。その中でも日本は復興五輪と呼ばれるTOKYOオリンピック、パラリンピックを見事に成功させました。また現在の感染者数を見ても世界で類を見ないくらい抑え込んでおります。 このことは先人から繋がれてきたDNA、まじめな日本人の国民性が大いに関係しているものと思います。
検査・研究分野がフィールドである我々の仕事はまさにその中心でありすべての産業発展の根幹であることをあらためて実感し、その責任感から身が引き締まる思いでした。また人類のもう一つの課題であるSDGs問題には弊社の二つ目の柱である環境事業部が挑み続けます。人体や環境に負荷を与える化学物質や農薬を使わない農業、環境循環型農業有機JAS農法に取り組み12年目に突入しました。SDGsの旗印(12食料の廃棄の削減、14海の豊かさを守ろう、15陸の豊かさを守ろう)のもと個人や企業の皆様にご賛同いただきアビオスファーム応援団も結成され心強い限りでございます。
これからも企業理念「かけがえのない命と地球の未来のために知恵を耕し貢献いたします」を合言葉に私たちは生命科学発展への貢献を誇りにし、研究者の方々を全面的にサポートさせていただきます。
人類に新たなる可能性を切り開く研究者、医療の根幹をなす検査現場で働く皆様を様々な角度から支え、人の命をつなぎ、地球にやさしい「未来の技術」の開発・進歩を見守り続けていくことこそが我々の仕事であり喜びです。嘘、偽りの通用しない現場において私たちは誠実、適正、迅速をモットーに、誠意をもって仕事に取り組み続ける決意でございます。今後とも変わらぬご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2021年11月吉日
代表取締役 田中良彦

会社概要

社名 株式会社アビオス
本社所在地 〒813-0034 福岡市東区多の津1丁目2番1号(福岡流通センター内)
TEL 092-622-3011(代表)  FAX 092-622-3016
E-mail info@abioz.co.jp
営業所 福岡営業所 〒813-0034 福岡市東区多の津1丁目2番1号
TEL 092-622-3011(代表)  FAX 092-622-3016
北九州営業所 〒807-0821 北九州市八幡西区陣原3丁目4番8号
TEL 093-631-1774  FAX 093-631-1751
佐賀営業所 〒840-0857 佐賀市鍋島町大字八戸3146
TEL 0952-26-0367  FAX 0952-26-0369
南九州営業所
アビオスファーム
〒885-0004 宮崎県都城市都北町1671番地
TEL 0986-36-4219  FAX 0986-36-4259
創立 大正5年7月
設立 昭和25年11月24日
資本金 1,000万円
役員
代表取締役社長
田中 良彦
取締役
田中 通夫
取締役
久保田 峯子
取引銀行 福岡銀行 西日本銀行 商工中金
営業種目 臨床検査試薬・一般分析試薬・特殊分析試薬・化学工業薬品・医療用機器及び器材・
分析機器及び器材・農業薬品・化学肥料・消臭剤・脱臭剤・除菌、抗菌剤及び器材・農水産物・
有機堆肥・液肥・肥料・その他の各種関連商品

沿革

大正5年7月 宇野又男個人経営、宇野薬局を開業
昭和25年11月24日 株式会社に改組 資本金75万円 商号を株式会社宇野化学工業薬品店と改める
昭和39年4月28日 資本金を150万円に増資 社名を宇野化学薬品株式会社に改称
昭和48年12月1日 資本金を300万円に増資
昭和49年7月30日 新社屋設立、移転
昭和49年9月1日 社名を九州片山化学株式会社に改称
昭和50年7月30日 北九州出張所を開設
昭和54年2月10日 北九州出張所を新築移転、営業所に昇格
昭和54年12月1日 資本金を450万円に増資
昭和59年7月5日 佐賀営業所を新築開設
昭和63年10月1日 資本金を900万円に増資
平成8年2月5日 資本金を1,000万円に増資
平成13年9月1日 社名を株式会社アビオスに改称
平成21年9月1日 環境事業部/久留米工場を開設
平成22年2月19日 南九州営業所を開設
平成22年2月25日 アビオスファーム圃場・作業所がJASオーガニック認定取得
Top